妊娠中や産後の尿もれを整体、産後骨盤矯正で改善する

03-6721-9848
JR恵比寿駅から徒歩1分 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
【営業時間】10:00~18:00(土・日 営業・不定休

妊娠中からの尿もれ、産後の尿もれで気を付ける事

産後の骨盤矯正で改善【原因と予防知識】

1 産後からの尿漏れの原因は骨盤底筋群?

 

 
妊娠、出産をきっかけにして尿もれが起こるケースがありますが
大多数が腹圧性失禁と言われています。
妊娠中、お腹の中で胎児が成長するにつれて子宮も膨らみ、
骨盤が前傾すると膀胱が圧迫されて尿もれが起こりやすくなります。
 
これに加えて、リラキシンホルモンの影響で
骨盤周りを支えている骨盤底筋が弛むと尿道を締める
括約筋も弛んで尿もれが起こる場合も考えられます。
 
また、同じ様な骨盤底筋の弛みにより
『産後、おならが出やすい』
『入浴中、膣に空気が入る』
などの不具合を感じられるママさんも
いらっしゃいます。

 

2 妊娠中から尿漏れ予防で気をつける事

1.女の子座りをしない、脚を組まない
リラキシンホルモンが分泌されている状態で
女の子座り、脚を組んだりすると骨盤や身体が歪みやすく
結果的に骨盤底筋群、括約筋が弛み尿もれのリスクが高まります。
 
また、妊娠中に限らず上記の姿勢は骨盤の歪み、股関節を痛める原因にも
なりますので普段から行わない様に気をつけましょう。
 
2.トイレではリラックスした状態で行う
妊娠中に小便を行う際にいきむ場合がある人は要注意です。
膀胱の収縮力が落ちて子宮が膀胱を圧迫しているのが原因ですが
いきむと圧迫が強まるのでなるべくリラックスした状態で
力の入らないおしっこを心がけましょう。
  

3.尿漏れ対策として産後から気を付ける事

個人差がありますが骨盤底のたわみが戻るまでに順調な人でおおよそ1~2ヶ月 がかかります。
それまでの間はなるべく重いものを持ち上げずに骨盤底の回復に努めましょう。
 
【注意事項】
出産後4週間経たずに産後ガードル、コルセットでお腹周りを締めつけると
腹筋や骨盤低の筋力低下、子宮や膀胱を下にさげてしまい逆に尿もれを引き起こす場合があります。
これに加えて腹筋運動も産後ケア、骨盤を正しい位置に戻してから行わないと尿もれ、腰痛の原因となるケースも考えられます。
骨盤が回復する前は自己流での筋トレ、ストレッチは避けた方が賢明と言えるでしょう。
 

4 当院でお手伝いできる事

恵比寿クリニーク産後整体院では妊娠中に歪んでしまった骨盤の矯正と
リラキシンホルモンによって弛んでしまった骨盤周りの筋肉のバランスを整える
事により尿もれの改善をお手伝いさせて頂きます。
 
【3つのポイント】
・赤ちゃん、胎盤の重みで前傾した骨盤の矯正
・股関節を正しい位置へ矯正する事により骨盤底筋の回復をはかります
・腸骨の歪み、回旋をケアする事により骨盤全体のバランスを安定させます
このポイントをケアする事により、これまで尿漏れのご相談でいらした
お客様にお喜び頂いております。
 

5 ご出産後の尿漏れが良くなったというご感想の一例です

 
 
AT様 32歳 会社員 産後骨盤矯正
K様 37歳 会社員 産後骨盤矯正
 
※得られる結果には個人差があります


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク産後整体院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~18:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~17:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」

住所:〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F

電話:03-6721-9848




MENU

MAIL

TEL
HOME