産後,骨盤の開き,歪み,産後骨盤矯正,東京

03-6721-9848
JR恵比寿駅から徒歩1分 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
【営業時間】10:00~18:00(土・日 営業・不定休

産後骨盤の開き、産前のズボンが入らない

産後の骨盤矯正で改善【原因と予防知識】

 ご妊娠中から胎児と胎盤の影響で骨盤が開き、ウエスト、
ヒップラインが肥大していきます。
この影響により、筋肉のバランスが変化して
下半身がドッシリと大きくなったというご相談を一年中、頂いております。

1 どうして下半身が太るの?骨盤が開くの?

 

 
では何故、骨盤が開いてズボンが入らなくなるのでしょうか。
そのメカニズムを紐解いていきます。
まずご妊娠前の骨盤は傾斜が少なく一見して垂直に立っている様な状態です。
この状態の時、直立している間、主にお尻と太腿の後ろの筋肉が骨盤を支えてる様に作用して
お尻周りの基礎代謝が行われています。
しかし、妊娠中に分泌されるリラキシンホルモンの影響と
胎児の成長により骨盤が開いていきます。

2 胎児、胎盤の成長による骨盤前傾によるポッコリお腹

 
妊娠して赤ちゃんと胎盤の重みによって前方に傾いてくると
骨盤の前側を前から支える為に股関節が前外方へ捻じれながら変位する
事が多くみられます。
恥骨の位置が下がる為、腹筋や下腹部にしまりがなくなり
お腹がポッコリと目立つようになります。

3 お尻が大きくなった?骨盤の開きのメカニズム

骨盤が前傾してくると大腿骨が前に変位して腿の前側に頼りがちに
なっていきます。
大腿骨頭(大転子)が妊娠前より外に張り出すことにより骨盤部が開いて
お尻が大きくなっていきます。
直立でも歩行中でも腿の前側、外側の筋肉が過度に使われる事により
腿が前方に張り出し,反対にお尻と太腿の後ろの筋肉が弱化します。
この結果、お尻が横に広がったり、お尻が垂れてスタイルの悪化に
繋がります。
体型の崩れはご出産時にピークをむかえ、
産後もしばらく骨盤が弛んだままなので姿勢に気を付けずに
授乳や沐浴をしていると開いた状態で筋肉や組織に
歪んだ癖がついてしまいます。

 

4 妊娠中から気を付けられる事

 

妊娠中からリラキシンホルモンの影響で骨盤周りはもちろん、
土踏まずのアーチまで全身が弛んでいるので次の様な姿勢はしない様に心がけて下さい。

  
・脚を組む(骨盤の歪みが大きくなります)
・女の子座り(お尻が大きくなり、O脚になりやすいです)
・横座り
・片足重心(身体が歪みやすいです)
・片足立ち(腰痛の原因となります)
・内股で立つ、極度のがに股で立つ

5 当院でお手伝いできる事

 

1.骨盤と大腿骨を繋いでいる筋肉をはじめ骨盤と関連している
筋肉と腱のバランスを整える事により骨盤の前傾を矯正します。
 

2.米国医師考案の整体術を用いて一般的な整体では整えられない
  産後骨盤の歪み、回旋へとアプローチを行います。
 

3.産後の開き、骨盤矯正を施すことによりヒップアップのお手伝いを
  行っております。
 

6 コースを終了されたママさんのご感想です

 
K様 28歳 主婦 産後1ヵ月
H様 35歳 自営業 産後2ヶ月
M.S様 29歳 会社員 産後2ヶ月
K.Y様 35歳 会社員 産後7ヶ月
A.T様 40歳 会社員 産後10ヶ月

※得られる結果には個人差があります

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク産後整体院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~18:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~17:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」

住所:〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F

電話:03-6721-9848




MENU

MAIL

TEL
HOME