恵比寿 産後の骨盤ダイエット - 恵比寿クリニーク整体院

HOME > 恵比寿 整体情報 > 恵比寿 産後の骨盤ダイエット

恵比寿 産後の骨盤ダイエット

2018年10月02日

産後の骨盤ダイエットで大きな悩みを解消

妊娠中は胎児の成長に伴い子宮が大きくなります、子宮を支える骨盤は開いいたり歪んだりしますし、分娩時には骨盤の一部を開くことで出産を促すのです。
その結果、出産後は妊娠前と比較して骨盤は大きく開いていたり歪んでいたりすることがあります。
通常、産後3ヶ月頃までに体は元の状態をゆっくりと取り戻そうとしますし、その後6ヶ月頃には骨盤が定着していくのです。
ですから、この期間に正しい方法で骨盤を矯正して、歪みのない正常な状態に戻しておかないと、腰痛や肩こりの原因になったり、内臓を支えられなくなって正常な代謝機能が阻害されて体型が崩れたりします。
このように代謝機能が正常に行われないと太りやすい体質になって、さらに産後太りを加速させてしまうのです。
その為、産後の骨盤矯正や産後の骨盤ダイエットは、産後太りを防止する大きな役割を担うと考えられています。

出産を控えているお母さんや産後のお母さんが抱える悩みや不快な症状も数多くありますが、その中でも産後太りは大きな悩みに挙げられているのです。
こうした産後の体型の変化は、先にも触れたように出産に伴う骨盤の変化が影響していると考えられています。
また、胎児を守るために妊娠中は体が皮下脂肪を貯めやすくなっていたり、産後に基礎代謝が低下したりすることも引き起こす要因と言えるのです。
産後すっかりおばさん体形になってしまったということにならないためにも、産後太りを防止するトレーニングを実施することが大切になります。

産後の骨盤矯正や産後の骨盤ダイエットにつながる方法としては、骨盤矯正ベルトや産褥ニッパー・産後ガードルと呼ばれるものを用いる方法があります。
これらの骨盤矯正グッズによって腰回りを締めることで緩んだ骨盤を固定して、正しい位置にキープするのが主な目的です。
ただ産褥期には無理に締めないように気を付けるなど、正しく使用することが大切になります。
姿勢の改善も大切で、横座りをしない、割り座をしない、床に座る時にはあぐら・正座・長座を交互にするなどを心がけることです。
また、椅子に座る場合は猫背にならない、お尻を背もたれにつけて上半身を背もたれに沿って伸ばすというのも大事になります。

出産は考えている以上に体力を消耗しますし、母体には大きな負担を与えるものですから、産後すぐに骨盤矯正体操などの運動をすると、体調の悪化を招きかねないです。
ですから産後2ヶ月は体を休める期間と考えて、運動ではない方法で骨盤をケアをするのが望ましいと言えます。
体調が回復して医師からOKが出たら、骨盤ウォーク・骨盤回し・腰倒し体操・ひざ上げストレッチなど、様々な骨盤矯正体操を実行すると良いです。
ただ、骨盤体操を行う際に痛みや違和感を覚える場合には、すみやかに運動を中止して医師に相談しましょう。
それから、何と言っても産後の骨盤ダイエットにつながる骨盤矯正は、専門家の力を借りるのが効果的ですし楽です。
確実に骨盤矯正の効果を得たいと考えるのなら、整体院や整骨院で骨盤矯正の施術を受けることをおすすめします。

※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~22:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください

PageTop



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」
  • 住所:〒150-0013
    東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F
  • 電話:03-6721-9848