妊娠中や産後から『歩き難い』と産後骨盤の歪み

03-6721-9848
JR恵比寿駅から徒歩1分 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
【営業時間】10:00~17:00(土・日 営業・不定休

妊娠中から歩き方、立ち方で気を付ける事

産後の骨盤矯正で歩行改善【原因と予防知識】

1 妊娠中からの歩き方が変わってしまう?

妊娠中期から後期にかけてお腹の赤ちゃんと胎盤が成長するにつれて
骨盤や下半身にかかる負担がピークに近づいていきます。
単純に重みが増すというだけではなく、ご出産の順備が進むにつれて
リラキシンホルモンが分泌されていきます。
このホルモンは分娩の際に赤ちゃんが産道を通りやすくする為に大変重要な役割をお持ちます。

 

 

2 妊娠中から歩行について気をつけられる事

1.片足立ち、片足重心、極端な内股、ガニ股はしない。

リラキシンホルモンの影響で関節が緩んだ状態で片足に重心をかけてしまうと足首、膝、股関節、骨盤に過剰な負担が掛かってしまい痛みや可動域の制限に繋がります。

筋肉や靭帯に過剰な負担が掛かる事により、怪我にも繋がりますので上記の様な姿勢は避けて頂いた方が良いでしょう。

 

2.ストレッチのやりすぎ、大股で歩かない

ご妊娠中は骨盤底筋は緩むのですが、骨盤の歪み、変位、赤ちゃんや胎盤の重みにより関節の可動域が減少してしまう人が多くいらっしゃいます。

ストレッチはやりすぎると筋肉や腱を痛めてしまいますので「張りを感じ始めた」ところ前後で行うのが大切です。

普段、思いっきり伸ばさないとやった気がしないという人は要注意です。

また、お腹が大きくなると足が前に出にくくなる人もいますが無理のない歩幅で生活をして下さい。

 

3.歩行不良に対して産後から気を付けられる事

前記した1、2を意識して負担が掛からない様に気を付けてください。

妊娠中、産後から股関節や恥骨に痛みが出ている方はこの他に走ったりする事も控え方が良いです。

 

4 当院でお手伝いできる事

恵比寿クリニーク産後整体院では妊娠中に歪んでしまった骨盤の矯正と試みることにより骨盤の歪みから二次的に歩きにくくなっている状態の改善をはかります。

また、股関節周りの筋肉に対してアプローチを行うことにより「歩る気やすくなった」「走れるようになった」「歩行時の痛みがなくなった」という症例も報告されています。

※状態、体調により個人差があります

しかしながら、産後骨盤矯正も万能ではなく子宮の戻りや内臓の疲れ、軟骨の摩耗など他の原因が考えられる場合は改善されないケースもございます。

上記の疑いも含め痛みの度合いや、状態によっては病院での検査をお勧めすることもあります。

 

5 産後骨盤矯正で歩きやすくなったというご感想の一例です

K.S様 37歳 小児科 医師 産後3ヶ月
A.S様 31歳 会社員 産後1ヵ月半
S.I様 35歳 会社員 産後4ヶ月
AI様 28歳 会社員 産後4ヶ月
Y様 33歳 会社員 産後2ヵ月半
35歳 主婦 産後1ヵ月 
 
※得られる結果には個人差があります

他の産後ケアについての情報をみる

骨盤の開きを東京の産後骨盤矯正で改善する
産後骨盤矯正と腰痛に対するアプローチ
妊娠中や産後の尿もれを整体、産後骨盤矯正で改善する


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

LINE限定ホームページ特典はこちら

「HPを見た!」+LINE登録で下記の特典が受けられます!

初回体験コース
6,980円

(施術,カウンセリング付)
 
御来院、誠にありがとうございます。産後骨盤矯正 ママさん

※産後ママ限定の特典になります(産後1年半迄の方)
※『体験施術』+『カウンセリング』
 お着替えの時間含む 50~60分

LINE登録はこちら

友だち追加

「恵比寿クリニーク産後整体院」

 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~17:00 (完全予約制)
 【ご予約】 LINEのみ受付(当日不可)
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」

住所:〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F

電話:03-6721-9848




MENU

MAIL

TEL
HOME