ブログ記事一覧

03-6721-9848
JR恵比寿駅から徒歩1分 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
【営業時間】10:00~20:00(土・日・祝 営業中

お子様連れOK 産後の骨盤矯正

2019-04-23 [記事URL]

産後の骨盤矯正でママと一緒に遊びに来てくれた赤ちゃんのご紹介です♪

O様の第三子 ゆうみちゃん 3ヶ月
チャイルドシートのバウンサーの中でウトウト・・・
やがてグッスリと眠ってしまいました。
 
フェイラーのタオルも
かわいいイラストがお子様向けで可愛いですね☆ 
ママの反り腰も改善し、骨盤もきれいに整って良かったです。
 
O様、お一人目のお子様、お二人目のお子様に続き
ゆうみちゃんのご出産の際もお越し頂きありがとうございました!
毎回のお話、とても楽しかったです♪ 
 

一番初めの赤ちゃんが2人の妹さんと遊んでるなんて時間が経つのは早いなぁ・・・
私自身も年を取るわけですね笑


赤ちゃん連れで産後骨盤矯正

2019-04-01 [記事URL]

先月も産後ママさんと会社員の方にご愛顧頂きありがとうございました。
ズボンやスカートが入らない産後ママさんもしっかりとボタンまでしまりヒップラインもキュッと上がりました。
 
また、会社員の方は長年の腰痛が楽なったとお喜び頂けました。
皆様もご来院に心より感謝申し上げます。
 
 
IMG_918522.jpg

ママと一緒にかわいい赤ちゃんも遊びに来てくれました♪
今月もよろしくお願い致します。
 


こうき君 2ヶ月 産後ママ赤ちゃん

2019-03-30 [記事URL]


 

品川区から産後の骨盤矯正で通われた
S様の第2子 こうき君 2ヶ月
ママの骨盤矯正と一緒に遊びに来てくれました♪
 
施術中はオートスィングのハイローチェアで
1人遊びをしながら待っていたおかげで
ママも安心して矯正を受けられました。
 
S様をご紹介頂いたI様もありがとうございました。
この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。
 


世田谷区 女性専門整体 産後骨盤矯正ダイエット 三軒茶屋

2019-02-15 [記事URL]


MI様 27歳 会社員 産後骨盤矯正でダイエット

今回2人目の出産後にお世話になりました。
1人目の時同様、目に見える効果があり
先生にお願いして良かったと思いました。
ガバガバだった骨盤を締めて頂き
ありがとうございました!!
ユーモアあふれる先生とのお話も
とても楽しかったです。

kimiinumada.jpg

 

東京都世田谷区三軒茶屋のママさんにも評判
骨盤矯正、産後骨盤矯正専門院
恵比寿クリニーク産後整体院の口コミ紹介ブログです。
今回は世田谷区三軒茶屋から通われた産後のママさんより
お喜びの声を頂きました。
 

こちらの産後ママさんは1年前に第一子の
ご出産後も当院で産後ケアとして
産後骨盤矯正コースに通われていました。
 

お一人目の時にご好評いただき
今回も是非受けたいという事で
誠にありがとうございます。
 

初回のカウンセリングは
産後2ヶ月、
ご妊娠中にプラス11kgの体重増加
ご出産で8kg戻り残り3㎏
産前のスカートを穿くとしんどい、
ウエストがキツイくてパンパン
という事でした。
 

骨盤の歪み、開きが気になる事、
姿勢が悪くなり背中から肩にかけて辛い事
1歳半の上のお子様と、2カ月のお子様
二人を同時に抱っこする事もあるという
事で相当負担があるご様子でした。
 
検査後に背骨の反射区である
骨盤前部の突起と恥骨を検査していくと
腰椎2番の反射区に歪みの反応が
出ていました。
 
ご妊娠中や授乳中に
腰椎が前弯して背中を丸めた状態に
なるのですがこの負担が大きいと
筋肉がその状態でロックしてしまいます。
 
わかりやすく説明すると
腰椎を支える筋肉が前屈みのままで
固定されてしまいます。
 
この状態だと、前屈みから姿勢を
変え様とすると痛みが出てしまいます。
背骨は繋がっていますので腰だけではなく
背中、首にまで張りが出てしまいます。
 
初回の矯正ではこちらの
筋肉から弛めていきました。
ある程度の施術で反射区の緊張が取れました。
そこから骨盤を支える筋肉を弛めて
骨盤の矯正を行いました。
 
初回の施術で腰痛が軽減され
3回目の施術時には腰痛は
殆ど感じないとの事でした。
 
5回目は1番きついスカートを
お持ち頂いて確認をしながら
横に広がった骨盤と股関節を
締めていきました。
 
結果、ご本人曰く
ガバガバだった骨盤も締まり
スカートに余裕も出来ていきました。
 
MI様、お一人目に続き
お二人目のご出産時にもご愛好頂き
感謝致します。
 
これからも益々頑張らせて頂きます。
 


東京世田谷区 産後の整体,骨盤矯正で尿漏れが改善!!

2019-02-03 [記事URL]


 
尿漏れが改善され、
それが何よりもうれしいです。
ベビーも一緒に来れてとても
ありがたいです。
アクセスも良く、
今後また何かあったら
通いたいと思います。

東京都世田谷区三軒茶屋、駒沢ママさんに人気☆
産後骨盤矯正専門院
恵比寿クリニーク産後整体院の口コミ紹介ブログです。
今回は世田谷区駒沢から通われた産後のママさんより
『骨盤矯正をしたら産後からの尿漏れがなくなりました』と
お喜びの声を頂きました。
それではご紹介させて頂きます。

産後ひどかった尿漏れが改善され嬉しいです

K様 37歳 会社員 産後骨盤矯正

keikossssny.jpg
  
こちらの産後ママさんは
第2子のご出産後4ヶ月での御来院。
3歳になる上のお子様のご出産時には
産後のケアは何もしなかったという事です。
 
ちなみにご出産後は1回ごとに骨盤矯正を
受ける事をおすすめします。
腰痛や姿勢の悪化を防ぐばかりではなく
骨盤が安定している方が次の出産に
向けて良い状態を作れるからです。
 
また、初産時には大きな支障がない人も
2回目のご出産後に様々な症状がでるケースが
多くございます。
K様の場合も第2子をご出産されてから
頻繁に尿漏れが起こる様になりました。
出産後から尿漏れが起こる人は多く
当院にもよくご相談があります。
 

一般的な尿漏れの原因

 

骨盤の開きや恥骨の変位により
骨盤を支える筋肉や骨盤下にある
骨盤底筋群や骨盤底隔膜の弛みより
尿道を操作している括約筋が弱化したり
骨盤の傾斜により膀胱が圧迫されて
尿漏れを引き起こすと言われています。
 
恵比寿クリニーク産後整体院の産後骨盤矯正では
骨盤を支える筋肉のバランスを整える事により
骨盤を正しい位置へ矯正しながら
弛んでいた筋肉を再び機能しやすい様に
施術を行っています。
これにより赤ちゃんと胎盤の重みにより
前傾した骨盤を起こして膀胱への減圧をはかり
尿道まわりの筋肉を引き締めていきます。
 
K様の場合も2度のご出産による骨盤の前傾により背中が反っていてベッドに仰向けに寝て背中が浮いている状態でした。
また、骨盤を支える腸筋をはじめとする筋肉が左右でアンバランスでした。
施術によって骨盤の腸骨と大腿骨をつなぐ筋肉を調整していきました。
 
当院では普通のストレッチではまず弛まない骨盤を引っ張っている一番硬くなっている筋繊維を重点的に弛めていきますのでソフトな受けごたえなのに股関節の可動域が広がったと驚かれる方も多いです。
 
その後に小骨盤の中に付着した
腸骨筋を弛めて骨盤の傾斜を取っていきました。
初回の施術で背中がペタッとつく様になり
反り腰はよくなっていました。
 
2回目からも骨盤周りの筋肉をゆるめて
うまく機能する様に調整しながら
股関節、骨盤の開きを丁寧に締めていきました。
 
3回目の施術前には産前のズボンが入る様になり、4回目の施術の際には『先日、パーティーで激しく踊ったのですがまったく尿漏れがありませんでした!』と嬉しいご報告を頂きました。
 
初回+本コース5回が終了する時には骨盤もきれいに整っていました。
K様、お手伝いさせて頂きありがとうございました。
 
ニューヨークご出身だという事で
グラマシー公園のお話ができ、とても楽しかったです♪
また何かありましたらご気軽にご連絡下さい。
 


産後骨盤矯正口コミ 五反田 O様 看護師

2018-11-09 [記事URL]

onoesann.jpg
東京都品川区五反田から通われた
産後ママさんより施術のご感想を頂きました。

2人目の出産後の骨盤矯正で伺いました。
当初、恥骨痛があったのですが、1回目の施術でなくなり、 穿けなくなっていた
産前のズボンも 5回目の施術で入るようになり大満足です。毎回、先生とお話するのも楽しく、通って良かったと思いました。
どうもありがとうございました。港区芝浦からお越し頂きありがとうございました。
O様 31歳 看護師

産後10ヶ月からの骨盤矯正

O様は第2子ご出産後、10ヶ月でご来院頂きました。上のお子様は4歳なので3年空いてのご出産でした。

Read more…


恵比寿 突発性難聴

2018-09-30 [記事URL]

突発性難聴の治療は自律神経の乱れに目を向けることも必要?
難聴は生まれつきの人や高齢者に見られる症状と考える方は多いですが、それまで健康な人がある日突然難聴を発症することもあるのです。
中でもある日突然聞こえが悪くなって基本的に片耳だけに症状が表れる突発性難聴は、40代~60代に多くみられる症状と言われています。
ただ実際には、幼児から高齢者まで幅広い年代で発症していて、患者は年々増加傾向にあって年間3~4万人程度の方が発症しており、芸能人が発症したというニュースも時々耳にすることがあるのです。
聴力の低下は軽度から重度まで様々で、高い音が著しく障害されている場合と、低音から高音まで平たく障害されている場合があります。
発症の前兆としては医学的に判明されていませんが、めまいや吐き気を感じていたり、生活面で睡眠不足や仕事の忙しさが重なっていたりすることが多いです。
発症する原因についても科学的に明確には説明されていないのですが、ウイルスと内耳循環障害の2つの要因が挙げられています。
風邪の後に発症する人が多い難聴で、基本的には再発しないことから、一度感染すると免疫がつくられる可能性が考えられて、何らかのウイルスが関与しているのではないかと言われているのです。
また内耳の血管が細くなったり、血の塊がつまったり、出血したりするといった血管の症状で起こるという説もあります。
このように前兆や原因が残念ながら判明されていないので、何と言っても早期発見して早期治療を受けることが大事です。
遅くても2週間以内に治療を開始することが推奨されていて、初期症状を1ヶ月以上放置してからの治療では、聴力の回復がほぼ難しいとも言われています。
突発性難聴の治療については選択肢が少ないですし、それぞれの治療の有効性に関しても研究段階です。
しかし、先にも触れましたが全く治療を行わないことのデメリットが大きいので、一般的な治療としては入院または外来通院によるステロイド剤の点滴が提案されます。
それ以外には、血流や代謝を良くする薬やビタミン剤の処方も実施されますが、いずれの治療も現在は研究段階ということを理解しておく必要があるのです。
その為、治癒率は適切な治療を受けても約3分の1程度と言われていて、症状の回復が難しい場合が多く見られます。
しかし、早期に治療を開始して必要な休養や生活習慣の改善などを併用することにより、治療前の聴力まで回復することもあるのです。
先に触れたウイルスと内耳循環障害の2つの要因以外にも、ストレスによる自律神経が乱れで症状を引き起こしている可能性が考えられます。
実は、自律神経失調症から耳鳴りが引き起こされることもあって、その耳鳴りが起こることで聴こえづらいという難聴も引き起こされることは十分考えられることです。
ですから、乱れた自律神経が整うことで症状も改善される可能性があって、一見遠回りのようですがストレスや自律神経の乱れに目を向けることも治療につながります。
ストレスによる自律神経の乱れが突発性難聴の原因と考えられるのなら、整体院や整骨院で施術を受けて自律神経を整えるのも有効な手段になるのです。
※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。


恵比寿 緊張性頭痛の改善

2018-09-28 [記事URL]

根本原因を取り除かないと緊張性頭痛の改善につながらない
頭痛の中で最も多くて全体の約9割を占めるのが、筋肉の緊張により引き起こされる緊張性頭痛です。
発症するメカニズムですが、何らかの原因で頭部・頚部・肩の筋肉が過剰に緊張して、その筋肉の緊張により筋肉内の血管が圧迫されて血液循環が悪くなります。
その血液循環を改善させるために血管拡張物質が発生して、その血管拡張物質が頭痛の原因となるのです。
片頭痛の症状と類似する要素もありますが、首や肩のこりを伴う、後頭部に生じやすい、頭重感・圧迫感・締め付け感などの鈍痛があるといった特徴が見られます。
また、ほぼ毎日だらだらと頭痛が続く、入浴・ストレッチ・マッサージで軽減する、集中力は低下するが就業可能、夜間に頭痛で目を覚ますことは無い、吐き気や嘔吐は無いといった特徴もあるのです。
これらの症状が当てはまる頭痛の場合は、緊張性の頭痛という可能性が高いと考えられます。
筋肉の緊張により引き起こされる緊張性頭痛ですが、その筋肉が緊張する背景には様々な問題があって、大きく分類すると身体的なストレスと精神的なストレスに分けられるのです。
身体的なストレスは、日常の姿勢やパソコン使用などによって、物理的に筋肉に負担がかかり緊張を生じることで、顎関節の問題により咀嚼筋と呼ばれる頭部の筋肉が緊張することもあります。
特にパソコンやスマートフォンの普及が筋肉に負担をかけるリスクと考えられますが、一概に使用することが悪いのではないのです。
頭部と肩の位置が適切な位置に有れば大部分の負担は軽減することが可能で、使用することが問題ではなくて使用する姿勢が問題になります。
このような身体的なストレスに関連する問題がなくても、もうひとつの精神的なストレスが原因で発症するケースがあるのです。
人間は過度なストレス下に晒され続けると、自律神経のコントロールが乱れてしまって交感神経が優位になることがあります。
この交感神経は、本来は逃走や闘争の本能を司るので、交感神経が優位に働くことで血管の収縮を引き起こしてしまいこの状態が長期間続くと発症につながるのです。
ちなみに精神的なストレスが原因で発症する方は、完璧主義傾向にあったり几帳面な性格であったりするといった特徴があります。
その他にも睡眠不足・猫背・ストレートネック・眼精疲労・脱水・空腹なども、身体的・精神的ストレスとなって発症する原因になるのです。
緊張性頭痛は、筋肉の緊張持続により血流の低下や老廃物の蓄積を招いて、一般的な筋肉痛と同じように神経を刺激することで痛みを発症します。
ですから症状の改善には過剰に緊張している筋肉を正常な状態に戻すことが重要になるのです。
筋肉を正常な状態に戻すことはマッサージでもある程度は可能ですが、緊張を引き起こしている根本原因を取り除かないと頭痛の改善にはつながりません。
緊張している筋肉・関節の制限・自律神経の乱れなどをしっかりと改善することが必要で、その為には整体や整骨院で全身を整えることが大事です。
※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。


恵比寿 四十肩五十肩

2018-09-27 [記事URL]


四十肩五十肩の発症を注意する人は?
四十肩五十肩というのは40歳~50歳の方に多く起こる肩の関節の炎症で、正式な病名は肩関節周囲炎です。
主な症状としては、突然肩関節に激しい痛みが現われることにより発生に気付いて、痛みはかなり強くなり動かすことはもちろんのこと、安静時にも痛みが生じたり夜間にも痛みが発生したりします。
この初期段階の痛みは数ヶ月で軽減していくのですが、その後に肩や腕を上げることができなくなって、衣服の着脱・洗髪・結髪などの日常生活が制限されることになるのです。
また、首や腕に痛みが放散することもあって、このように慢性化してしまった時には、すでに肩の関節は拘縮といった固まった状態になっています。
ある程度の年齢に達することで誰でも発生する可能性のある症状ですが、安易に症状を軽く考えて初期段階で治療を怠ると、長期間の痛みや運動障害に悩まされてしまうのです。
主な原因としては、運動の不足による筋力低下、血行の不良、ホルモンバランスの乱れ、外傷などが考えられるので、症状の発症を予防するためにも日常生活の改善を心がけましょう。
発生する主な原因からも分かるように、四十肩五十肩になりやすい方の特徴というのがあって、そのひとつがケガを経験された方です。
何らかの原因で腰を痛めたことがある方は、全身のバランスを保とうと無意識に片側の肩が上がってしまう場合があります。
また若い頃に激しいスポーツをして肩を痛めた方は、痛めた頃は筋肉でカバーできても年齢と共に筋肉が落ちると痛みが発症しやすい傾向があるのです。
長時間同じ姿勢で作業をされている方もなりやすくて、デスクワークや家事は肩をほとんど動かしていない状態で、急に激しく動かすと炎症が起こります。
その為、年齢に関係なく20代や30代で発症することもあるのです。
またバランスの良い食事をとらないで、偏った食事が多い方は血行不良に陥るために炎症が起こりやすくなります。
それから、運動が良いからと無理して過度な動きをすると炎症を起こしますし、間違ったフォームでスポーツをすると痛めることがあるのです。
このように間違ったトレーニングもなりやすい方の特徴で、このような特徴がみられる方は注意が必要と言えます。
発症してからの注意点としては、四十肩五十肩の痛みは自然と治まる場合があると言っても、痛み自体は症状のひとつでしかないということです。
つまり、痛みが治まることが治ったことではなくて、治療をしないで痛みが自然に消えたとしても、肩関節の可動域に制限が残ってしまうケースがよくあるのです。
痛みをかばうことで長期間にわたって肩関節を動かさなかったからで、それにより関節包が癒着して関節の拘縮が発生して、肩関節の可動域に制限が残ってしまいます。
また、関節を長期間十分に動かせないと固まってくるだけではなくて、筋肉自体もどんどん衰えてしまうのです。
このようなことが起こらないためにも、初期段階から病院での治療や整体・整骨院での施術で改善するように心がけましょう。
※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。


恵比寿 恥骨結合離開の予防

2018-09-25 [記事URL]

恥骨結合離開の予防や治療のために心がけることは?
妊娠・出産のためにお母さんの体は、10ヶ月近くにおよぶ長い期間にわたって、徐々に変化して体作りをしてきます。
そして出産を終えると今まで作り上げてきた体が元に戻ろうとして、子宮が収縮することで痛みが起こる、悪露がたくさんでるなどがあるのです。
妊娠・出産で開いた骨盤も元の形に戻ろうとするのですが、なかなかうまくいかず歪んでしまうことも多くて、体の要である骨盤が歪むことで全身のバランスまで歪んでしまいます。
その結果、正常な体勢を維持するために筋肉に余分な負担がかかって、筋肉のこわばりが痛みを生みだすことになってしまうのです。
またホルモンの関係で恥骨結合部が緩んで広がり出産の準備をするのですが、出産時に広がりすぎて離開してしまうこともあります。
これを恥骨結合離開と言って、最近急激に増えている症状で激痛を伴うために歩けなくなるお母さんもいるのです。
ちなみに恥骨結合というのは、膀胱のちょうど真下に恥骨という部分があって、その真ん中で左右の骨盤をつながっている箇所になります。
主な症状は、妊娠中から恥骨部・下腹部・太股・腰・会陰・足などに痛みがあって、産後も激しい痛みに悩まされる人もいるのです。
また、前に歩けない、立ち上がり時や起き上がり時の動き始めに激痛が走る、痛みにより寝返りができない、痛みで足が上がらないため階段や段差を越えられないというのも症状としてあります。
それから、足に少しでも触れられると激痛がはしる、痛みがあるのでトイレに時間がかかるなど、日常生活をする上でも困難な症状もあるのです。
発生する原因ですが現段階では、はっきりと解明されていないのですが、西洋医学的には基本的な原因は出産とされています。
リラキシンというホルモンで恥骨結合部が緩んでいる状態で強い力が働くことや、巨大児を分娩した、もともと骨盤が狭い、手術時に不手際があったなどの理由です。
それもひとつの原因ですが、整体などの東洋医学的には出産前からの骨盤の歪みや捻じれ、筋肉や靭帯が複雑な壊れ方をしてしまっているといった原因もあると考えられています。
また、出産前から体の筋肉に左右で差があって柔軟性が低下していることや、精神的ストレスや運動不足、日常的な癖などで筋肉が硬直していることなども原因につながるといった見解もあるのです。
このような原因で起こる恥骨結合離開の予防や治療法としては、まずは日常の癖を見直してみることが大切になります。
いつも同じ肩にバッグをかけたり、いつも同じ形で足組みをしたり、片足に体重をかけて立っていたりする癖は、体の歪みにつながるので意識して直すようにすることです。
また体を動かして血流やリンパの流れを良くことも大事で、それはスポーツをするのではなくて、背伸びをして深呼吸するなどの簡単な動作で十分で、体を伸ばすことで歪みづらい体を作ることができます。
痛みが激しくて動けない人は、手首や足首を回すことや足の指を痛くない範囲でグー・パーとするだけでも、血行やリンパの流れの改善に効果的です。
恥骨結合離開の人は痛みで同じ体勢でいることが多くなりますが、このように動くということも大事になります。
※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク産後整体院」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~20:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください

PAGE TOP



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」

住所:〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F

電話:03-6721-9848




MENU

MAIL

TEL
HOME