恵比寿 産後めまいや貧血 - 恵比寿クリニーク整体院

HOME > 恵比寿 整体情報 > 恵比寿 産後めまいや貧血

恵比寿 産後めまいや貧血

2018年09月29日

産後めまいや貧血といった症状の対策は?

辛い出産をようやく終えて、さあ育児を頑張ろうという時期に、体調不良を訴えるお母さんも少なくありません。
出産後は、産前の状態に体が急激に戻ろうと変化する産褥期というのがあって、産後6~8週間は変化が顕著に見られるのです。
この産褥期に体調不良を訴えるお母さんがいて、特に産後めまいや貧血といった症状を訴える方がたくさんいます。

産後めまいや貧血を引き起こす原因としてはいくつか考えられますが、出産時の出血も原因のひとつです。
陣痛や分娩時の痛みから自覚する方はいませんが、分娩の際にはかなりの出血を伴っています。
母子手帳を見ると血量が分かりますが、それ程の出血をするとその影響により鉄分が不足して貧血気味になってしまうものです。
また、母乳はお母さんの血液で出来ていて、その為完全母乳で育てているお母さんは、血液の主成分である鉄分が母乳で使用されるので貧血になりがちになります。
それから、産後はのんびりとしていた妊娠生活から一変して、24時間赤ちゃんのお世話に追われて、お母さんは休む暇もないのです。
特に生後3ヶ月くらいまでは夜中の授乳回数も多いためにお母さんは寝不足になって、長期間の睡眠不足は慢性的な疲労以外にも、低血糖を引き起こすためにめまいや立ちくらみ、貧血の原因になります。
自律神経は、活発に活動している時に働く交感神経と、リラックスしている時に働く副交感神経とがあって、この2つがうまくバランスをとることで正常な体調を保っているのです。
しかし産後は慣れない育児などで気が張っているので、どうしても交感神経が働きすぎた状態になり、自律神経のバランスが乱れてめまいの原因に直結してしまいます。

このような産後めまいや貧血の症状を感じたら、どのような対策をすると良いのかというと、何と言っても寝不足やストレスには休むのが一番ですから、時間を見つけて少しでも休むことです。
一番良いのは赤ちゃんと一緒に睡眠をとることで、昼間でも家事は後回しにしてできる限り眠ってしまうようにしましょう。
また自分が休むためには、お父さんにも育児に参加してもらいお母さんのサポートをしてもらうことです。
何度か練習を重ねるうちに上手に育児ができるようになるので、褒めて育児も楽しいと思わせるようにしましょう。
血液不足には食事に気をつけることが一番で、血液の材料となる鉄分・タンパク質・銅・ビタミンB・葉酸などを、できる限り積極的に摂取することです。
その為には、緑黄色野菜・レバー・魚類・肉類・海藻類がおすすめですが、ゆっくり料理をしている時間がない時には、サプリメントや病院で鉄剤を処方してもらい活用しましょう。

自律神経の乱れはストレスも大きく関係しているので、ストレスを溜め込まないように赤ちゃんと一緒にお散歩に行って気分転換をするなど、ストレス解消を心がけることです。
また、整体院や整骨院で施術を受けることで自律神経のバランスが整うこともあるので、気分転換を兼ねて受診してみるのも良いでしょう。
産後の育児期間中は何よりお母さんの体が資本になるので、体調不良の改善を心がけて育児をすることです。

※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~22:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください
カテゴリ内の次の記事


PageTop



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」
  • 住所:〒150-0013
    東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F
  • 電話:03-6721-9848