恵比寿 四十肩五十肩 - 恵比寿クリニーク整体院

HOME > 恵比寿 整体情報 > 恵比寿 四十肩五十肩

恵比寿 四十肩五十肩

2018年09月27日

四十肩五十肩の発症を注意する人は?

四十肩五十肩というのは40歳~50歳の方に多く起こる肩の関節の炎症で、正式な病名は肩関節周囲炎です。
主な症状としては、突然肩関節に激しい痛みが現われることにより発生に気付いて、痛みはかなり強くなり動かすことはもちろんのこと、安静時にも痛みが生じたり夜間にも痛みが発生したりします。
この初期段階の痛みは数ヶ月で軽減していくのですが、その後に肩や腕を上げることができなくなって、衣服の着脱・洗髪・結髪などの日常生活が制限されることになるのです。
また、首や腕に痛みが放散することもあって、このように慢性化してしまった時には、すでに肩の関節は拘縮といった固まった状態になっています。
ある程度の年齢に達することで誰でも発生する可能性のある症状ですが、安易に症状を軽く考えて初期段階で治療を怠ると、長期間の痛みや運動障害に悩まされてしまうのです。
主な原因としては、運動の不足による筋力低下、血行の不良、ホルモンバランスの乱れ、外傷などが考えられるので、症状の発症を予防するためにも日常生活の改善を心がけましょう。

発生する主な原因からも分かるように、四十肩五十肩になりやすい方の特徴というのがあって、そのひとつがケガを経験された方です。
何らかの原因で腰を痛めたことがある方は、全身のバランスを保とうと無意識に片側の肩が上がってしまう場合があります。
また若い頃に激しいスポーツをして肩を痛めた方は、痛めた頃は筋肉でカバーできても年齢と共に筋肉が落ちると痛みが発症しやすい傾向があるのです。
長時間同じ姿勢で作業をされている方もなりやすくて、デスクワークや家事は肩をほとんど動かしていない状態で、急に激しく動かすと炎症が起こります。
その為、年齢に関係なく20代や30代で発症することもあるのです。
またバランスの良い食事をとらないで、偏った食事が多い方は血行不良に陥るために炎症が起こりやすくなります。
それから、運動が良いからと無理して過度な動きをすると炎症を起こしますし、間違ったフォームでスポーツをすると痛めることがあるのです。
このように間違ったトレーニングもなりやすい方の特徴で、このような特徴がみられる方は注意が必要と言えます。

発症してからの注意点としては、四十肩五十肩の痛みは自然と治まる場合があると言っても、痛み自体は症状のひとつでしかないということです。
つまり、痛みが治まることが治ったことではなくて、治療をしないで痛みが自然に消えたとしても、肩関節の可動域に制限が残ってしまうケースがよくあるのです。
痛みをかばうことで長期間にわたって肩関節を動かさなかったからで、それにより関節包が癒着して関節の拘縮が発生して、肩関節の可動域に制限が残ってしまいます。
また、関節を長期間十分に動かせないと固まってくるだけではなくて、筋肉自体もどんどん衰えてしまうのです。
このようなことが起こらないためにも、初期段階から病院での治療や整体・整骨院での施術で改善するように心がけましょう。

※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~22:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください

PageTop



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」
  • 住所:〒150-0013
    東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F
  • 電話:03-6721-9848