恵比寿 産後の恥骨の痛み - 恵比寿クリニーク整体院

HOME > 恵比寿 整体情報 > 恵比寿 産後の恥骨の痛み

恵比寿 産後の恥骨の痛み

2018年09月24日

産後の恥骨の痛みを緩和するための対処法は

産後の恥骨の痛みは、股あたりの恥骨に現れる痛みのことですが、実際には恥骨自体ではなくて、左右にある恥骨を結ぶ軟骨の恥骨結合に痛みが出ています。
恥骨結合が損傷することで恥骨に痛みが現れるのですが、産後の恥骨痛の症状には個人差があって、生理痛のような痛みを感じる人もいれば、歩けないほど激痛を感じる人もいるのです。
しかし産後の赤ちゃんのお世話などで忙しいお母さんは、どうしてもそのまま放置しておきがちですが、少しずつ痛みが激しくなることもあるので、できる限り早い段階で対処する必要があります。

では、なぜ産後の恥骨の痛みが起こってしまうのかというと、その原因は出産とホルモンが関係しているのです。
出産時には胎児が産道をスムーズに通ることができるように骨盤が開くように、関節や靱帯を緩める働きがあるリラキシンという女性ホルモンの分泌量が増えます。
それにより分娩時に赤ちゃんが産道をスムーズに通れるのですが、恥骨結合部分が伸びたり捻じれたりして損傷して痛みが生じてしまうのです。
また、妊娠前や妊娠中から恥骨に痛みがあったり、姿勢が悪い・脚を組みやすいなどで骨盤が歪み気味だったりする人も、恥骨の痛みを引き起きやすくなります。

このように産後の恥骨の痛みは恥骨周辺の歪みが原因なのですが、すぐに戻るということがないので根気良くゆっくりと歪みを治していく必要があるのです。
対処法としては、骨盤を安定させる効果があって、歪みの解消につながる骨盤ベルトの使用がおすすめですが、正しい着用をしないと血流を悪くする可能性があります。
ですから、恥骨の痛みを長引かせないために、出産直後や翌日から骨盤ベルトを使用する人もいますが、骨盤ベルトの正しい着用方法を助産師や医師に指導してもらうことが大事です。
また骨盤矯正体操をすることで恥骨の痛みを緩和できることがあるので、妊娠・出産で歪んだ骨盤が戻りやすい時期に骨盤矯正の体操をするのも良いでしょう。
ただし、産後1ヶ月は出産で疲れ切った体を回復させる大事な時期なので、生後1ヶ月健診で医師に許可をもらってから徐々に始めるように心がけることが大事です。
それから産後のヨガは骨盤矯正効果が得られるだけではなくて、リラックス効果や基礎代謝を高める効果もあると言われているので、産後ママに向けた教室を探して行うのも良いでしょう。
教室に通わなくても自宅でヨガを行うこともできるので、疲れたら休憩をするようにして無理のないように心がけると良いです。
産後ヨガも他の運動と同じく、1ヶ月健診で医師から許可を得てから始めましょう。

恥骨の痛みの原因が産後の骨盤の歪みですから、整体や整骨院などの治療院で骨盤矯正するのもおすすめです。
ただ、産後1ヶ月健診で健康上の問題がないと診断されてから、治療院で施術を受けることが大事ですし、産後の骨盤矯正に関する経験・知識が豊富な専門家に受けることも大切になります。
ですから治療院を選ぶ際には、メニューやコースを確認するとともに、知識や経験についても事前に確認しておくと良いです。

※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~22:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください
カテゴリ内の前の記事


PageTop



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」
  • 住所:〒150-0013
    東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F
  • 電話:03-6721-9848