東京 恵比寿 産後の骨盤矯正 - 恵比寿クリニーク整体院

HOME > 恵比寿 整体情報 > 東京 恵比寿 産後の骨盤矯正

東京 恵比寿 産後の骨盤矯正

2018年09月23日

産後の骨盤矯正が必要な理由を理解する

妊娠すると女性の骨盤は、リラキシンというホルモンが分泌されることにより、恥骨結合と仙腸関節が徐々に緩んで骨盤が開いていきます。
これは赤ちゃんが骨盤の中を通りやすいようにするためで、出産時には骨盤が最大に開くのです。
ただ、出産後に開いた骨盤が締まらないままでいると、下っ腹が出るなど体型が元に戻らないために悩まされます。
また、尿もれしやすくなるなど様々な不快な症状に悩まされることになるので、産後の骨盤矯正で開いた骨盤を整える必要があるのです。

骨盤についている筋肉は、太もも・ふくらはぎ・足にまで繋がっていますし、上半身では腰・背中・肩・首・頭にまでつながっています。
また体の土台となる骨盤ですから、何らかの要因で歪みが生じると肩の高さが変わったり、頚や全身のバランスが乱れたり、関節の動きが悪くなったりして筋肉にも余分な力が入りやすくなるのです。
それにより首・肩・背中のこりが発生したり、腰が重い・疲れが抜けにくいなどの症状を訴えたりする人も多くいて、骨盤の歪みは全身に影響していくことが分かります。
ですから、出産により生じる骨盤の歪みを放置することは、建物で例えるのなら手抜きの基礎工事をしているのと同じです。
また骨盤が歪んだ状態で、授乳・オムツ替え・沐浴など無理な姿勢で赤ちゃんのお世話をすると、更なる歪みを引き起こしてしまう危険性があります。
妊娠・出産で開いた骨盤は産後少しずつ閉じていきますが、産後の時期こそ骨盤の歪みをリセットするのに最適な時期なので、産後の骨盤矯正をすることがおすすめです。
産後1ヶ月ぐらいからの対応が理想ですが、産後の体調を考慮して無理のない状態で骨盤矯正することが大切になります。
早めの対策が良いのですが時間が経過していても大丈夫ですから、体調と相談しながら行うことが大事です。

それから骨盤矯正が必要なのは産後の女性だけではなくて、日常生活における座り方・立ち方・脚の組み方・お尻の体重のかけ方・昔のケガなどで発生するのです。
また、動き初めの一歩の足の出し方・足裏の状態・足指の使い方・足首の柔軟性などによっても、骨盤の歪みやずれが発生します。
骨盤にある仙骨は女性の体と機能に深く関係していて、骨盤と仙骨の歪みは生理痛・生理不順、不妊、便秘やお腹のトラブルの原因にもなります。
また骨盤の不安定は、猫背・肩こり・頭痛・腰痛・足の疲れ・全身疲労など様々な症状を引き起こしやすくなりますし、足のむくみ・O脚・膝や股関節の不調・臀部や下半身のたるみの原因にもなるのです。
このように骨盤の歪みは様々なトラブルを発生させる要因となるので、骨盤の緩みや歪みを整える骨盤矯正が大切になります。
産後に妊娠出産で開いた骨盤を整体院や整骨院で整えることも大切ですが、このように日常生活でも歪んでしまうので、生活習慣を見直して正すことも大切です。
また、できることなら自分自身の筋肉で骨盤を適切な位置に戻す力をつけることも心がけると良いでしょう。

※あくまで豆知識であり、内容について保証するものではありません。



ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

電話・メールでのお問合せはこちら

電話: 03-6721-9848
メールでのお問合せ

「恵比寿クリニーク」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-8-3
恵比寿リバストーンハイム 6F
 【電話番号】 03-6721-9848
 【営業時間】 10:00~22:00 (完全予約制)
 【受付時間】 10:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 JR恵比寿駅から徒歩1分
 【駐車場】 駅前のコインパーキングをご利用ください

PageTop



恵比寿 腰痛 産後の骨盤矯正 「恵比寿クリニーク」
  • 住所:〒150-0013
    東京都渋谷区恵比寿1-8-3 恵比寿リバストーンハイム 6F
  • 電話:03-6721-9848